DESIGN

人を想い、描き始める新たな住まいの在り様。

幾何学的なファサード、陽光と開放感にあふれたランドスケープなど
デザインの細部に宿るのは、住まう方の心地よい日々への想い。
住まいとしての新しい価値を求め、阿佐ヶ谷ハウスは生まれました。
FACADE DESIGN

幾何学の意匠と質感で織りなす美。

シンボリックで印象的なファサードデザインを生み出すのは、
幾何学的な構成とコンクリート打放しやガラス、スチールよるシンプルなマテリアル。
住まう方の創造性を象徴するような、個性的な美しさを纏う邸宅です。

開放的な吹抜けと
木パネルの意匠が迎えるエントランス。

住まいの顔となるエントランスには、天井高約6mの2層吹抜空間。アプローチの先に広がる中庭へ自然に誘導していきます。エントランスの先に明るい中庭があることで、中へ進んだ時により開放感を感じられる設計としました。また、扉には風合いのある木パネルとスチールを組み合わせることで、美術館のような洗練された意匠の中にもあたたかみや柔らかさが感じられます。

陽光や開放感を感じられるだけでなく、
やわらかなコミュニケーションの場にもなる中庭。

阿佐ヶ谷ハウスの全体計画において最も特徴的なのが、敷地の中央に配した中庭です。各住戸の日照や風通し、開放感を確保するだけでなく、住民同士のコミュニティを育む場としての役割も果たします。エントランスを抜けた先に広がる開放的な空間が、ここで始まる日々の豊かさを予感させてくれます。
阿佐ヶ谷ハウスでは、ロの字型の配棟とすることで外気に触れる壁を多く計画。中庭や吹抜けを通じて空気の流れをつくり出し、外気を建物内に取り込むことで居住性と開放感を高めています。また、東西の接道に対しても大きく後退して空地や緑地を確保し、隣の建物との距離を取りプライバシーに配慮しています。さらに、地下住戸でも十分な通風・採光を確保するために、1階住戸の床を地盤面から約1m高く設定。住まう方目線での快適性を考えています。
※完成予想図は設計図書に基づき作成した物であり、建物の形状・仕様・色調などは行政官庁の指導および施工上の都合上により一部変更が生じる場合がございますあらかじめご了承ください。
※敷地配置図イラストは設計図書に基づき作成した物であり、一部変更が生じる場合がございますあらかじめご了承ください。