設計担当者が語る、自由設計の魅力。
そして、阿佐ヶ谷ハウスに込めた想いとは。

関電不動産開発株式会社 中平英莉
株式会社コプラス  永久正浩

コーポラティブハウスを通じて自由設計の住まいづくりを提供してきた株式会社コプラス(以下、コプラス)と、既存の分譲マンションにおける画一的な提案型住宅から一歩踏み出したいと考えていた関電不動産開発株式会社(以下、関電)。その2社が縁あって手を取り合い、スタートした「自由設計×新築分譲マンション」というハイブリッドプロジェクトが「阿佐ヶ谷ハウス」です。 今回は、実施設計を担当する永久と建築企画担当の中平の対談を通じて、「阿佐ヶ谷ハウス」の特長だけでなく、自由設計の楽しみ方や魅力についてお伝えしていきます。

プロジェクト担当者が考える、自由設計。

中平:今回の「阿佐ヶ谷ハウス」は一言に自由設計といっても、本格的に自由設計によって理想の家を創りたい!という方と、一般的な分譲マンションの購入を検討しているお客様との“中間層”に受ける計画ではないでしょうか。コーポラティブハウスでしっかり自由設計をやりたいというお客様と、既存の新築分譲マンションで満足できないというお客様。その中間のニーズに応えるプロジェクトだと考えています。ですので、売主としては、快適に理想の住まいや暮らしを叶えていただくために、どのようにサポートしていくかも大切になってくるとも思います。

永久:新築分譲マンションのデベロッパーとして住宅に携わっていて、自由設計のようなニーズが増えているなという実感はありますか?

中平:潜在的に、自由設計というものに需要があるとは感じます。ただそれは、肩に力が入った「なにがなんでもこういう家に住みたい!」というものではなくて、もっとナチュラルに湧いてくる細かなニーズの積み重ね、あとは「自分の好きなものに囲まれて暮らす」のは幸せ!というのがあると思います。

永久:それはすごくリアルな感覚かもしれないですね。都心部に暮らしながら自分らしいライフスタイルを求めていくにあたって、自由設計というのは一つの解になると思っていて。このニーズを深く探っていくというのは我々だけでなく住宅業界の今後を考えても大切なポイントですよね。

中平:私が携わった案件だと、単身女性向けに企画されたマンションでもオプションセレクトを選ぶ方って多いんです。そして、選択肢の中から欲しいものを選んでいると「ここ、もうちょっとこうだったら良いのに!」という希望がだんだん出てくるんですよね。具体的に自分の暮らしを考えれば考えるほど、細かいニーズって自然に生まれてくるものなので。そういった小さな「こうだったら良いのに」を積み重ねていくのが自由設計なんじゃないかと思っています。

永久:自由設計の魅力って「デザインがかっこいい」とか「空間的になにか面白いことができるんじゃないか」といったイメージが先行しがちなんですよね。ただ、僕が一番大切だと思っているのは「フィット感」なんです。それぞれのライフスタイルや家族形態、暮らし方に極力フィットできるというのが、個人的には自由設計の最大の魅力なんじゃないかなと。自由設計を通じて多様なライフスタイルのニーズに応えることで、通常の新築分譲マンションだと「ちょっと違和感がある」という家族の受け皿になれたら良いなと常に思っています。
もうひとつは、先ほど仰っていた「好きなものに囲まれて暮らす」ということ。これはつまり「価値観にフィットする」ということだと思います。時代の変化にあわせて世の中では色んな「選択肢」が増えているので、住宅にもまだまだ変化の余地があるのではないか。自由設計のマンションが住宅における新しい「選択肢」になれれば、立地や最寄り駅といった不動産的な条件だけではなく、自分の価値観にフィットするかどうかという住まい選びもできるようになるんじゃないでしょうか。

中平:立地はもちろん大切ですが、その街の個性と自分の暮らしがどうフィットするかというのも大切ですよね。住まいは、街と暮らしをつなぐものだと思うから。

永久:そうですね。街には色んな建物があるはずだし、新しくできる住宅もその延長線上にあって然るべきで。建築の設計を考えるにあたっては、そんな街とのストーリーも大切にしているつもりです

こうして生まれた「阿佐ヶ谷ハウス」とは、どのような住まいなのか。

永久:設計について、いまは僕が代表して話をしていますが、今回の計画はK.U.T.都市建築研究室(以下、K.U.T.)の代表である丹野さんと一緒に作っていったんです。周辺環境との調和や、通風・採光などの住環境をなるべく良くしていこうと考えた結果、敷地の真ん中に中庭がある今の計画にたどり着きました。建物になにか象徴的なものがあると建物に愛着も湧いてくると思っていて、阿佐ヶ谷ハウスの場合、中庭と外観のイメージがそれにあたるのではないかと思っています。
僕たちも人々が集まって暮らすには「コミュニティが大切」という話はよくしていますが、じゃあコミュニティって何なんだろうと改めて考えてみると、設計においては「ひとつのものを気持ちとして共有するということ」じゃないかと思ったんです。こういった想いや考えをK.U.T.の丹野さんと会話を交わしながら、計画を練り上げていきました。中庭があることで、物理的にもやわらかなコミュニケーションが生まれやすいですし。

中平:マンション居住者というと「コミュニティって面倒くさい、つながりたくない」という人が多いイメージかもしれませんが、意外とみなさん「ゆるやかにつながりたい」という想いを持っているんですよね。単身でも家族でも。だからこそ、ただマンションを供給するだけでなく、デベロッパーとして街との関わりや入居者のコミュニティなど色々トライしたいと考えています。
例えば、防災を基点にしたコミュニティイベントを色々な物件で開催しているんですが、単身向けマンションであっても参加者が多いんです。属性や価値観が近い入居者さんが多いと、イベントで顔を合わせたことをキッカケに友達になって、次回は一緒に参加していただいたり。やはりどこかで人は「つながりたがってる」んじゃないでしょうか。

永久:コーポラティブハウスの自由設計でも、施工中の現場見学会といったイベントを開催したりしますが、日常の管理総会などよりイベントごとの方が参加しやすいですしね。

要素を削ぎ落とした、感性をアップデートする住まい。

中平:普段、新築分譲マンションを多く見ているからか、外観デザインも「ひと味違うな」と感じました。デザインについてはどのように考えられていったのですか?

永久:外観のデザインは、K.U.T.の丹野さんのスケッチをもとにしているのですが、当初から「世の中の新築分譲マンションとは全然違うものにしたい」という想いがありました。
例えば、西側のファサードは幾何学的な壁がかなり強調されています。一般的には接道面に対して全面的にバルコニーを持ち出すことが多いのですが、今回は接道面に3枚の大きな壁を立ててその奥にバルコニーを設けています。特徴的な外観デザインなので、美術館のようだと言われることもあります。実は、道路面に対するプライバシーや、西日による温熱を調整しているという側面もあるんです。また、外壁の仕上げをコンクリート打放しにしたのは、基本的にシンプルにして、建物の構成を強調したかったから。一般的な分譲マンションではタイル貼りの外壁が多いですが、経年劣化に対するメンテンスコストや手間もかかるので、コンクリート打放しの分譲マンションにチャレンジしました。打放しだと装飾が少ないのでチープに見られることもあるのですが、実は素材があらわしな分だけ丁寧な施工が必要で、難しいんです。それでも、建築には要素が少ない方が良いと考え、今回のデザインにたどり着きました。

中平:外観だけでなく、中に入っても印象的なデザインが多いですよね。

永久:多くのマンションは、エントランスから一度中に入るとホールという内部空間があって、そこから共用廊下で各住戸へつながっていきますよね。今回はエントランスを通ってから中庭という外部空間につながります。廊下も外部廊下を主として一部に吹抜けを設けるなどしています。これは、デザイン優先ではなく居住性を考慮した結果で、風のとおり道を確保するという意味でも大きなポイントでした。
阿佐ヶ谷ハウスは、外観は斬新に見えるけど中身は実に合理的なんです。例えば、住戸のかたちは自由設計でのプランニングがしやすい形状になっていたり、光や風を採り入れやすくして居住性を大切にしています。やはり住まいなので、どんなにデザインが良くても居心地が悪いと満足できないですから。

中平:個人的に暮らしや住まいに対して「美意識」という言葉を大切にしているのですが、「美意識」は心地よさと緊張感との真ん中あるもの。そして、阿佐ヶ谷ハウスにはとても合っている言葉じゃないかと思ったんです。美術館のような外観で、無機質な印象もあるけれど美しくて、程よく緊張感がある。一方で、採光や通風へのこだわりがとても強くて、居住性・心地よさについてしっかりと考えられている。これはまさに、心地よさと緊張の真ん中にある美意識ではないかなと。阿佐ヶ谷ハウスはまさに、美意識の中で気持ちよく暮らせる場。そして、自分や自分の感性をアップデートしていける場になっていると思います。

シンプルなデザインの中に秘められた、自由設計の可能性。

中平:もっと中に目を向けると、何より特徴的なのは新築分譲マンションでありながら自由設計ができることだと思います。多くの新築分譲マンションでは、間取りの変更はできても設備や仕上げ材のメーカーまでは変更できないことが多いですよね。阿佐ヶ谷ハウスではメーカーに捉われず自由に選べるだけ、自由度はかなり高いと思いますね。

永久:一般の分譲マンションでは、水回りの位置も基本的には変更できない物件が多いですからね。その点、阿佐ヶ谷ハウスは自由設計を採用している以上、変更を前提としてスケルトンを作っているので自由度がとても高いです。自由設計の経験豊富な設計者とともに進めていけますし、個々のライフスタイルやご要望に応じて住まいを創っていけるので、安心してお任せいただきたいですね。

中平:「自由設計」という言葉だけ聞くと、やりたいことが明確ではない方には「ハードルが高い」と思われている気がします。だけど、気後れせずに一歩を踏み出してほしいですね。お客様の想いがまずあって、対話を通じてその想いと設計者の技術を掛け合わせていくことが醍醐味ですから。特別な知識は持たずとも、想いだけを持ってあとは設計のプロに身を委ねるのも大切ではないでしょうか。
余談ですが、私はうつわや焼き物が好きなんです。展示会などで作家さんと話をしている時に「こんなの無いですか?」と質問すると、「じゃあ作ってあげるよ!」となることがあるんです。ただ、どんなに言葉でイメージを伝えても、だいたい仕上がりはイメージと違う(笑)。それでも、家に持って帰って使っていると色々な発見があるんですよね。作家さんもやはりプロなので、意図を持って作ってくださっていて。その意図によって得られる新たな気づきで、生活シーンがより広がるという実感があります。

永久:建築家と一緒に家を創るというのは、分譲マンションではあまりない経験ですからね。ちょっとしたよもやま話をすることも大事だと思っています。「家を買う」んじゃなくて「家づくり」ですから。一緒に、家づくりを通じて関係性を創っていくところまで踏み込みたい。要望と提案のコミュニケーションによって、家が創られていくんです。そうして願わくば、中平さんのうつわのように、住み始めてからさらなる発見があると嬉しいですよね。

中平:それと、「マンションは手作り」だということを自由設計を通して知っていただきたいですね。想像しているより遥かに原始的だと思います。そこを理解していただけると、家に対する価値観も変わってくるんじゃないかと思います。家が生まれる過程を理解して、家と一緒に育っていく。手作りで生まれた家との対話を、ぜひ楽しんで欲しいですね。新たな学びがあって、愛着も湧いて、本当の豊かさを実感できるのではないでしょうか。

永久:よくお施主様に「設計者がここまでひとの人生に踏み込んでくると思わなかった」と言われることもあります。やはり、そこまで深く関わるからこそ、その人に合う家が生まれるのだと思います。

中平:家づくりの過程を通して自分自身のライフスタイルや価値観を見つめ直したり、一緒に暮らす家族との対話を通じて改めてお互いを理解し合えたり、設計者を交えた会話の中にものづくりや暮らしの発見があったりする。こういった一連の経験こそが、自由設計の醍醐味なんですね。