千石駅真上のお蕎麦屋さん

Posted on 

千石駅C3出口から約40m、時間にして30秒にある「駕籠町藪そば」さん

「藪」は「更科」「砂場」と並ぶ蕎麦御三家のひとつで、
江戸の蕎麦屋の老舗だそうです。

ちなみに「駕籠町」はこのあたりの旧町名で小学校や公園にもその名残があります。
旧町名は、江戸時代の将軍の駕籠かつぎが、
この地に土地を与えられたことに由来するようです。

文京千石コーポラティブハウスの計画地「千石」の由来はコチラ↓
https://cooperativehouse.jp/bunkyosengoku/blog/single.php?pid=18610

そんな由来のある「駕籠町藪そば」さん。
八十余年の歴史を重ねている「藪睦会(やぶむつみかい)」の会員店みたいですね。

幕末の頃、根津団子坂にできた「蔦屋」を源流としていて、
その後「神田やぶそば」に受け継がれ、
ここを中心として結成されたのれんの集団が藪睦会。

「駕籠町藪そば」さんは、
気取らず、でしゃばらず、昔ながらの蕎麦の味。」
がモットーのお蕎麦屋さんです。

年末12/31は夜2200まで(通常は2000)営業されているようです。
またこの時期は年越しそばの注文(2人前~)も可能だそうです。

年末の年越しそばにいかがでしょうか?

【駕籠町藪そば(かごまちまぶそば)】
住所:東京都文京区本駒込2-29-20
電話:03-3947-2611

 

2020/10/30から始まった
文京千石コーポラティブハウスのブログをお読みいただき、
誠にありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。
2021年1月16日から説明会を開始いたします。是非ご予約下さい!

文京千石コーポラティブハウスのホームページはコチラ
https://cooperativehouse.jp/bunkyosengoku/

コプラスinstagramも更新中!
https://www.instagram.com/coplus.arch/

 

 


トップに戻る