尾山台コーポラティブハウス
ブログ⑤
災害に強い計画地

Posted on 

世界の中でも、日本が自然災害の多い国であることは、
日本に住む誰もが実感しているのではないでしょうか。

災害の発生件数は「台風」が最も多く、災害の被害額では「地震」が全体の約8割を占めています。
※2019年度版「中小企業白書」中小企業庁より

住まい選びの上で、近年重要視されるようになっているのが、
災害対策上の観点から土地を選ぶこと。

今回は、災害対策の観点から、
尾山台コーポラティブハウスの計画地のポイントをお伝えします。

尾山台の計画地のポイントは2つ。

①武蔵野台地の南部に位置し、地震に強いこと

②多摩川から標高35mの場所に位置し、水害に強いこと

まず、ひとつめから確認してみましょう。

世田谷区尾山台周辺の地域は、古くは縄文時代から居住区として住み続けられてきた、「武蔵野台地」の南部にあたります。

地盤は、古い時代に堆積したものほど地震の揺れを増幅させにくい、
とされているため、地震に強いエリアということができるでしょう。

地震による建物の倒壊や液状化を防ぐためには、強固な地盤を選ぶことが、
土地選びのファーストステップですね。

つぎに、豪雨による洪水被害の可能性について、確認してみましょう。

ハザードマップにおいて、計画地は、浸水の可能性が低いことが示されています。
近年多発している豪雨による多摩川の氾濫時も、安全性の高いエリアと言えますね。

災害に対しては、過度に恐れることなく、
日々の選択や備えで対応していきましょう。

現在、尾山台コーポラティブハウスの説明会を開催しています。

ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください!

尾山台コーポラティブハウスはこちらから!
https://cooperativehouse.jp/oyamadai/


トップに戻る